wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

India Japan Life

596回目:転職の思考法

俺は通用するのか・・・

自分の市場価値を知る。

この考え方は、こちらの本で紹介されていて、

転職を志す人も、そうでない人も理解しておくべき内容である。

※今転職したいと思っているわけではない。

・・・・・・

・・・・

ちなみに、こんなことを思ったことはないだろうか・・・

「自分って、今の会社(部署)ではなんとか生きていけるけど、他の業界に行ったり、他の部署に移動したら、やっていけるのだろうか・・」

私は、日本の部署にいるときに、それはそれは、何百回と思ったことがある。

俺の今やっている仕事は他社(他部署)では通用するのだろうか・・・

今ここで学んでいることは、この会社で生きていく術を学んでいるだけで、

本当の実力が身についているのだろうか・・・

と。

以前紹介した「天才を殺す凡人」の著者:北野唯我氏の本で、

「転職の思考法」の方が、めちゃくちゃ有名で、

おさえておかなければならないのは、

こっちだ!ということがわかり、

ふと手に取ってみた。

まだ、全部読み切っていないが、

少し記録を残しておこうと思う。

目次

  • 自分のマーケットバリューを測る
    1. 技術資産とは
    2. 人的資産とは
    3. 業界の生産性
  • 一生食っていける人はマーケットバリューを見ている。

自分の市場価値(マーケットバリュー)を測る

自分の市場価値を測るためには、まず、四角い箱をイメージする。

箱の大きさは、「幅×長さ×深さ」によって決定される。

自分の市場価値の大きさも、同じように、次の3つの軸によって決定される。

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性(一人あたり)

これら3つの軸を掛け合わせた箱の大きさが大きければ大きいほどに、

自分の市場価値は高いと言えるらしい。

これは、給料の額と比例する。

もし給料を上げたいということを考えているのでしたら、

自分の市場価値を上げるためのキャリアを築いていく必要がある。

では、3つの軸が、それぞれどういう意味なのかを紹介する。

技術資産とは

技術資産を持っている人とは、一言で言うと、このような人間。

どんな会社からも必要とされる、高い技術力を持った人間

そしてこの技術力というのは、「専門性」と「経験」を掛け合わせたものだと著者は語っている。

例えば、「転職の思考法」に登場する主人公の場合は、

  • 専門性:法人営業、法人向けの新規開拓
  • 経験:チームマネジャー、印刷機器の業界経験

であった。

つまり、技術力といっても2つに因数分解できる。

1つ目は「いわゆる専門性」・・・・まさしく専門知識や職種のこと。

2つ目は「経験」・・・・つまり、特に職種に紐づかない何にでも活かせる潰しが効く技能のこと。

人的資産とは

人的資産を持った人は、このような人間。

どんな人間とも仲良くなれ、可愛がられる力を持った人間

営業しているとこんな人材に出くわさないだろうか・・・

「人脈を使って仕事を引っ張ってくることができる人」

〇〇さんだから、この仕事をお願いしたい・・・

と言われるような人が、人的資産を持った人材。

本書では、「転職したとしても、変わらず仕事をくれる人」を考えてみると、

自分の人的資産がどれほどなのか顕著に判明すると書いてある。

ちなみにこの人的資産は、

20代のうちは、大した価値にならないとも言われ、この本領発揮してくるのは、40代以降に如実に現れると書いてある。

自分自身が、経営陣やそれに近い立場になってくると、どんどん人的資産の価値が高まってくるそうだ。

とはいえ、20代で人脈を無視してOKってわけではない。

20代での積み重ねが爆発するのが40代ということだ。

それはきっと、「人脈の作りかた」「話し方」など、見えない経験やオーラが40代で身を纏っているということだ。

なので、20代30代をどのように生きるかで、成果が大きく変わるのはここだ。

しかも、それは、目に見えない価値として現れる。

業界の生産性(一人あたり)とは

業界の生産性については、次のように言われている。

マーケットバリューは業界の生産性に最も大きな影響を受ける

紹介されている例は、K業界とW業界。※本書では具体的に業界まで書いてあるが、ここではイニシャルで記載する。

この2つの業界で働いたことがない人でも、

どちらも激務だと言われる業界である。

しかし、この2つには、決定的な違いがある。

それは、業界の生産性

K業界では、20代で年収2,000万円稼ぐ人がいる一方で、

W業界では、30代でも年収200万円で働き続けている人がいる。

この違いというのが、一人あたり、どれほどの価値を生み出しているかの違いだと説明されている。

業界の生産性が高い人のことを、

とくに才能がなくても、安定して高い給与をもらい続けられる人間

と、本書では表され、

これから伸びていく業界、まだまだ成長していきそうな業界を選ぶことができれば、

技術資産や人的資産が低い人でも、高い給料を得ることができると書かれている。

読みながら心が苦しくなる、非常にドキドキするようなシビアな話だ・・・・

一生食っていける人は、マーケットを見ている

「転職の思考法」では、自分の市場価値というのは、

紹介してきた3つの軸によって決まると言われている。

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性(一人あたり)

そして、理想的なキャリアというのは、

この3つのうち、少なくとも2つ以上が高い位置にあることだそうだ。

もし、あなたが自分自身の市場価値を上げたいと思っているのなら、

3つの軸を意識したキャリアプランを築いていく必要がある。

そのための第一歩として、本書では、

一生食えるかどうかは、「上司を見るか、マーケットを見るか」で決まる

だと書かれている。

いくら上司に好かれていたって、

自分の市場価値というものは、一向に上がらない。

上がるのは、社内での価値、いや、上司からの価値でしかない。

今やっている仕事は、なんのためにやっているのか・・・

上司の顔色を伺うためにやっているのか?

そして、それは本当に会社の利益に貢献することなのか?

一生食っていくために、上司からの評価だけを意識して生きていくのか?

はたまた・・・・

自分のマーケットバリューを意識して生きていくのか・・・

・・・・・・

・・・・

・・・

さて、私はどう生きる・・・・

・・・・・

・・・

サラリーマンの私・・・

どう選択する・・・

・・・・・

・・・

今の自分の上司・・・・

・・・・・

・・・・

めちゃ好きっす・・・・

・・・・・

・・・・

俺はサラリーマンであった・・・・

-India, Japan, Life
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.