wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas

397回目:英語で生きる〜精神論編(2/6話)〜

396回目〜401回目の6話完結シリーズ

完璧な英語とは?

英語を勉強する場合、

何故か「完璧」を目指していないだろうか。

しかし、完璧な英語とは一体何なんだろうか・・・

考えてみてほしい・・

日本語と簡単に括られるが、

日本語の中にも、東北弁、東京弁、大阪弁、などなど・・・

地域によって言葉使いやアクセント、そして表現方法までも異なる。

それは日本人みんな分かっている。

なので、

Aさん「こないだ、東北に自動車免許とりに行ったんだけど、教習所のおじさん何言ってるかわからなかった〜」

なんて会話結構起こり得る。

そして、通じないってことに対して、それほどストレスを感じていない。

しかし、突然英語となるとその感覚が失われる。

1.3億人しかいない島国日本ですら、

これほど分かり合えない言葉があるのであれば、

世界には18億人の人が英語を話すと言われている昨今、

正解とされる英語とは・・・

さらに言えば、18億人のうち、

ネイティブと言われるのは4億人。

残りの14億人は第二言語として英語を話す人口だ。

(この中でインドは何億人いるんだ。。ってことには今回は触れない)

これだけ増えてきているのであれば、正しい英語なんてものはなおさらどこに・・?

にもかかわらず、存在し得ない「完璧な英語」を果てしなく求め続け、分からないことに億劫になり、途中で挫折していないだろうか・・・・

この世の中、アメリカ英語、インド英語、イギリス英語、中国英語、日本英語・・・

全部正解だ。

大事な考え方としては、英語同士で話あっていても分かり合えない可能性の方が高い・・・

という認識でいたほうがむしろ気分が楽だ。

日本人の英語力は、世界から置いていかれている

国際語学教育機関「EFエデュケーション・ファースト」(本部・スイス)の2019年調査によると、英語を母語としない100カ国・地域のうち、日本人の英語力は、前年の49位より4つ順位を落として53位となり、4年連続で5段階中4番目となる「低い能力レベル」と認定された。

この表で分かる通り、世界的にも日本は英語力が相対的にレベルが上がっていないということが示されている。

ここの表から思うことは、日本人は英語が喋れなくなっているのではなく、他の国の人達が喋れるようになっている可能性が高いということ。

しかも、ここ10年での出来事だ・・・・

中学校や高校で英語の勉強をしていたとかいうレベルではない。

勿論教育が発達したことは察するが、大人になっても英語習得を行っている人が世界中で増えている可能性がある。

しかし、このデータを悲観的に考える必要はない。

というのは、相手の方が英語レベルが上であれば、日本人の我々が自信なさげに話をしたとしても、

相手が理解してくれる可能性が高くなっているということ。

なので、間違ってもいい・・

何でもいいからプライドを捨てて話すること。

大丈夫・・・・

きっと相手は分かってくれる・・・・と信じよう・・・

相手が英語のネイティブならなおさらだ・・・

俺たちは第二言語「英語」で喋っている・・・

「第一言語が英語の皆さん・・・・分かってくれるでしょ・・・こっちは第二言語なんだから・・頼むわ・・・・」

ぐらいの図々しい考えであってもいいかもしれない・・

つづく・・・

-Ideas
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.