wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas Study

294回目:ファンベース

ファンベース

それは企業や商品の支持者であるファンを大切にし、中長期を視野に売上や価値の上昇を狙うという考え方。

これからの時代、ファンベースなしで安定して売上を持続させるのは難しくなる。売上の大半は実のところ、ファンが支えているからだ。どういうことかというと、企業の売上は、全体顧客の中でもとくに、”ファンとなっている一部の顧客“によって支えられているということ。

いまのところ新規顧客の獲得だけに力を入れている企業が多い。しかし単発施策や短期キャンペーンが仮にうまくいき、運良く話題になったとしても、その効果は一時的ですぐに忘れ去られてしまう。それでは貴重な予算や労力がもったいない。もちろんそうした施策のすべてがムダというわけではない。
だがここで重要なのは「ファンを育てる」という観点だ。私たちが追求するべきなのは、ファンベース・マーケティングともいうべきものである。

要点

⑴要点1:価値の支持

短期キャンペーンや単発施策などの「話題化」だけではもう通用しなくなってきている。重要なのは興味や関心をもってくれた人々の「好意(価値への支持)」を積み重ね、資産化するための明確な設計である。

⑵要点2 : 重要ポイント

  1. ファンは売上の大半を支えて伸ばしてくれる
  2. 時代や社会が変化している
  3. ファンは新たなファンを作ってくれる

⑶要点:欠かせない3つの要素

「共感・愛着・信頼」の3つをそれぞれ強化することが、ファンベース施策においては欠かせない。

このブログは

無数に拡散している。

しかし、実際は、週間約1000アクセス。

週間約400人の方々が見てくれる。

キーポイントは、

無数に拡散しているものの、

実際は、”一部の方“が、

猛烈にこのブログを見てくれているということ。

中には、毎日見てくれる人もいる。

本当に、本当にありがとう。

この本を読んでから、

ブログと絡めて考察してみる。。。

各々分析してみると

共感:『それ、わかるわぁ。。』が書かれてある。

愛着:ほぼ僕を知ってる人が読者、たまに読者が本ブログに登場。

信頼:嘘は書かない。批判はしない

変化:毎日投稿

関心:インドという謎の地域

これらの要素が混ざり合って、

なんらかの『価値』を生んでるから、ついつい通勤時に読んじゃう読者が増えている気がする。

そして、コツコツ、辞めずに書きまくる。

多分、通常のビジネスを行う上で、

基本となるとても重要なことを、

このブログを通して体感している気がする。

これからも、もっともっと書きまくって、

さらに『価値』を高めていけたらと思う。

その為には、続けることだ。

いい本に出会った。

-Ideas, Study
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.