wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas Life Useful

704回目:FACTFULNESS〜ネガティブ本能〜世界進化した〜

問題4:世界の平均寿命は現在およそ何歳でしょう?

A50歳 B60歳 C70歳

もうなんとなくわかってきた。人間には「ネガティブ本能」つまり「悪い情報にばかり注目し、事実を客観視せずなんかめっちゃ悪くなっていく印象」を持ちやすい本能をもっているってことが。ほんなら、これの答えは「A」とか「B」とかイメージがあったが、実際は「C」だな・・・

世界の平均寿命は急激に長くなってきた

これが世界の人口に対する平均寿命の推移だ。なんと・・200年で40歳も伸びている。そして現在は72歳・・・。日本人の平均寿命は、男性で81歳、女性で86歳である。世界の平均寿命は72歳・・・。なんと、もうそこそこ近いところまで来ているのだ。問題の答えは「C」72歳。

地球環境がめちゃくちゃ良くなっているのはわかったが想像以上だ。他にも悪くなってそうなイメージだけど、実は改善されているものの例を挙げていく。自分のイメージと、どんだけかけ離れているか確認してみる。

  • HIV感染者(20年で60%減少)
  • 核兵器(30年で70%減少)
  • 大気汚染(40年で65%減少)
  • オゾン破壊物質の排出(50年で98%減少)
  • 飢餓(50年で60%減少)

などなど・・・・えーー・・まさかの・・・。なんか私が小学生とか中学生の時に「今後の世界は一体どうなってしまうのか・・」と思ったようなトピックって全部改善されているんだ・・・・。まじかよ・・・。なんか徐々に改善したことって、振り返ってみるとめちゃくちゃ改善しているもんなんだな・・・。ニュースにも出ないし・・・。ゆっくりした改善だからニュースにもしにくいのか。ここからは、「急激に進化した」ことがわかる例を挙げていく。

  • 携帯電話(1980年:地球では0.0003%の人が所持→2017年:地球では65%の人が所持)
  • インターネット(1980年:地球では0%の人が利用→2017年:地球では48%の人が利用)

めっちゃ世界が変わっている。俺が生まれた時、俺が教育を受けた時と、全く世界は異なっている。それでもなぜ我々は「世界は悪くなっているような印象」を持ってしまうのだろう。原因はこちら。

  • それは、思い込みによるもの(なぜなら、メディアは悪いニュースで刺激する)
  • それは、考えずに感じているだけ(「過去に問題として実在したが、もう今は無くなったもの」を、「あたかも前から無かった」かのように思ってしまう。目の前の問題だけ着目し、良くなったものには着目しない)
  • 美化された過去の記憶(昔よかった経験は、時間が経てば経つほど、すごいよかった記憶になり、今よりも前の方が良かったと思ってしまう)

まとめ

なぜ我々は「地球は悪くなっている」となんとなくイメージしてしまうのか・・それは。

  • 悪いニュースは広がりやすい
  • 良いニュースは広まらない
  • ゆっくり進化したことは広まらない
  • 悪いニュースが増えた≠悪いことが増えた
  • 美化された過去

-Ideas, Life, Useful
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.