wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas

400回目:英語で生きる〜苦悩編(5/6話)〜

396回目〜401回目の6話完結シリーズ

2015年:会社のプログラムで一年間アメリカ研修をする

発音がめちゃめちゃ大事だ・・・

と分かってながらも、大学生活が終了して社会人となった僕は、

もちろん英語の勉強なんて全くしなくなった。

そして、大学三年のときに発音の練習をしてから、

それから練習をすることもなく6年の月日が過ぎた頃に、

アメリカ研修の転機がやってくる。

しかし、実際アメリカでは語学学校に行くことになるのだが、

壁にぶち当たる。

それは、テストではいい点をとって、クラスが上の方になったものの、

同レベルのクラスの他の国の生徒に比べると、

全く会話能力がないということを実感する。

日本人は結構みんな僕と同じように、

比較的上のクラスに入るのは簡単だ。

これはマジな話。

なぜなら、クラスは筆記試験や文法テストによって割り当てられるため、テストの勉強しかしてこなかった日本人は強い。

しかし、会話面では相当しょぼい。

語学学校では・・

語学学校の生活は、真面目にやったら浪人生活のようなものだ。

宿題に追われる。めっちゃ時間かかる。

しかし、数ヶ月、時の流れに身をまかせ、

皆と同じように生活を送る。

もちろん、小テストやテストはパスする。

※本当、日本人はみんな意外とできる。

しかし、英語を使って人生を楽しめるような

英語での会話能力ってものは、全く身についている感じはしなかった。

そこでまたふと我に返った。

やっぱり、発音だ。

音を正確に発声する練習を全くやっていない。

発音筋トレをしていない。

それに気がついたのは、10ヶ月のプログラムの大体7ヶ月目あたり。

そして、YOUTUBEでひたすら探した。

どうしたら発音の練習ができるのか・・・

そこで出会ったのが、『DUO3.0』

高校時代に受験勉強で使った単語帳だ。

これは、例文が560個ぐらい載っている単語帳。

単語帳が良いのではない。

音読の練習をする文章が沢山あり、その音源があったからだ。なので、音と文章があればDUOである必要性はない。

音源はもちろんYOUTUBE。

アメリカ人がすべての音を音読してくれる。

僕はアメリカ留学の後半から、

毎日この560個の文章を正確に音読する練習を重ねた。

はじめの頃は、1文章を真似るまで20分以上かかった。

次の日、口が筋肉痛になるまでやり続けた。

今となっては筋肉痛になったってことは、英語マッスル筋肉痛だったのだなと思い返される。

もちろん日本語が書いてある。

しかし内容は読んでも細かく説明や文法は見ない。

ただ、どんなことが生じている文章なのか、

イメージをしながら、ひたっっっっっすら音を真似る練習を重ねた。

イメージをしながら、というのがとても重要。

なぜなら、人間の脳は、アホだから、自分で思い込みつづければ、簡単に騙される。

あたかもそうであったかのように錯覚する。

すると変化現れる。

DUOでイメージした事と似た様な体験をした時に、

何故か部分的に言葉が不意に出たりする。

例えば、DUO3.0の中には、

Anything else ? For here or to go ? To go.

という文章がある。

訳:他は?持ち帰り?それともここで?持ち帰りで。

僕は完全に当時アメリカの語学学校の横にあったカフェでコーヒー買ってるシーンをイメージして音読していた。

実際、カフェの会計の時に、なんかそれらしい事を聞かれる。

Hereやらgoやらと耳に入る。

そこまでわかれば、なに言ってるか全部分からなくても、『to go』と答えられた。次からはイケル。

さらに気がつく

そしてさらに続ける。

すると、さらに気がつき始める。

  • 音にはパターンがある。(書いてあるけど発しなかったり、音が変わったりする)
  • 言葉の切れ目ポイントがある
  • 抑揚がある
  • 早く言っても良いところと、敢えて遅く言ってもいいところがある。
  • 急いで喋る必要なし

そして、

音と音がつながって、違う音になって会話が行われるってことが。

音と音がつながって、違う音に聞こえる

I have an appointment with

これは、どう読むか・・・

A あい はぶ あん あぽいんとめんと うぃず・・・

なんて読むかと思いきや、実際は・・・

B あい あゔぁな ぽいんとめん うぃ・・・

みたいな感じで、書いてある文字と実際の音は異なるということ。

こういうのがめっちゃある。

座学や暗記はAのように習得する。

実際はB。

そりゃー通じないし、聞こえないってのは、何となく納得いくだろう。

余談だが、Aのようにローマ字読みの勢いでいける言語はスペイン語。

日本人がスペイン語喋ると、めっちゃくちゃ発音上手いと絶賛される。

なので、DUO3.0に記載されている560個の文章全てに、

  • どの音がつながるのか
  • どこで息継ぎされるのか
  • どこが強調されるのか

を、すべて聞きながら自分なりに記号を打った。

そしてそれを意識しながら、発音記号を意識してひたすらまた音読。

単語をいちいち日本語に訳すなんてことは一切やらない。

ひたっすら狂ったかのように音読。

この頃は、すでにアメリカ研修は終えて、日本に帰国していた・・・

感覚としては、英語はなんとか喋れる感じになったけど、それでも自信はぶっちゃけ無い・・・

つづく・・・

-Ideas
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.