wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas

399回目:英語で生きる〜習得編(4/6話)〜

396回目〜401回目の6話完結シリーズ

2009年:発音記号を覚える

これは、僕が大学三年生の頃。

バイトで貯めた金で、アメリカのポートランドに一ヶ月留学したことがある。

その時に、日本で勉強していた方法では絶対喋れるようにならん・・・

と感じて、色々調べた結果、まずは発音記号でちゃんとルール通りの発音しなければならないということに気がついた。

Please black coffee(スタバ)

は、プリーズ、ブラックコヒー ではない。

/pliːz/ blak/ kôfē

と、発音しなければならないということを。

まず、一個ずつ、正しい発音と、口の形を作る必要がある。

http://mymeet-up.com/hatsuon/ (発音記号練習)

そして、一つ一つの単語を正確に発音する必要がある。

どういう発音をしたらいいのかは、

グーグル翻訳すれば、

単語ごとにそこに書いてある。かつ、音もでる。(昔は、電子辞書でその発音記号を見ていたものだ・・・)

この時に、もし発音記号が読めれば、正しい音で単語をルール通りに発音できる。発音記号が読めなければ、ただ真似るだけで、体に染み込ませるには足りない。

  • 発音記号がわかる
  • 発音できる
  • 単語の発音記号がわかる
  • 単語を発音できる
  • 耳と口に染み込ませる。
  • 頭は使うな。どうせ忘れる。

そして、毎度毎度これをめちゃくちゃ練習する。

この地点ではなにも考える必要ない。

日本語訳なんて絶対覚える必要なし。

発音だけ練習しておけばいい。

強調したいのは、

過去の日本語発音は捨てろ、全てリセットってこと。

英語習得は筋トレと同じ

生まれてこのかた100M選手として人生を過ごし、

短距離しかしてこなかった人間が、

突然、その筋肉のまま10000Mを走れと言われても、なんか無理そうってのはイメージつきやすい。

短距離には短距離の筋肉がある。

長距離には長距離の筋肉がある。

と、同様に、

日本語を話す口の筋肉と、

英語を話す口の筋肉は違う。

日本語マッスルをすべて捨てて、英語用の筋肉を一から筋トレしなければならない。

そう・・・お察しの通り、

もちろん・・・・

時間がかかる・・・・

発音記号をなんとなくマスターするまで、

確か大学三年のとき・・・

2ヶ月ぐらいかかったような気がする・・・・

http://mymeet-up.com/hatsuon/ (発音記号練習)

でも、想像してみてほしい・・・

筋肉が完成する・・・・

すると、思ったこと、言いたいこと、がストレスなく、反射的に口から出てくるようになる。

これはなんでかわからん・・実体験。

経験として、日本語マッスルで英語を話している時は、

頭の中で文章が日本語から英語に翻訳されて、その頭の中の英語を読んている感じ。

でも前に比べたら、

今の自分は、

自分で何を喋ったかは、あんまりいちいち考えていない感じ。

思ったことが、すっと出る感じ。

風通しが良くなった感じ。

これが、僕の実体験。

ああ・・なんか俺、

超、英語できます。

みたいなキャラになるような文章になってるけど、

それは違う。

ここで伝えたいのは、英語で人生を楽しいと実感するまでにやったこと、そしてそれは、お勉強が出来なくても全然到達可能だっていうことを言いたい。

基準は自分の中にある。

つづく・・

-Ideas
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.