wasureru maeni nokosumemo

備忘録

Indianlife

819回目:妻に会う⑨〜中秋節〜   

2022年9月10日の備忘録

本日、遂に外へ

隔離が終了し遂に本日から外に出れる!最高だ。朝は8時に起きて、まずはお母さんと朝飯食って、その後は家事洗濯掃除の手伝いをする。言葉は通じないけど、なんとかGoogle翻訳を使って、あと妻の説明を聞いてやる。お母さんとは、会話はできない分、私は行動で示すしかない。だから、「お手伝いを頑張る」しか、私の生きる道はない。

髪を切りに

妻と一緒に髪を切りに行った。なんだこれ?笑。二人並んで、シャンプー?笑。しかし、私には、これしかない。何故なら、中国語が話せないから、髪も一人で切れない!。ヤバイなこれ。

シャンプーの後は、カットの時間だ。日本、アメリカ、インドと、、そして、今回中国。4カ国目の散髪体験だ。今までと明らかに違うのは、「一ミリも、床屋のおっちゃんと、コミュニケーションが取れない」ということ。過去には、アメリカで、「ソフト坊主」にしようとして、「米軍」みたいになったり、そういう海外カットの試練は経験済だ。ただ、その時も、「言葉」は通じていた。せめて言葉だけは、、と思っていたが、今回は違う。新たな経験か。

途中、横にいる妻が、「もう、だいたい説明しておいたから!」と、頼もしい一言が。

その後は晩飯へ

今日は中秋節と言って、秋の到来を祝う「月の祭り」だ。折角なので、「広州料理」を食べに行った。これが半端なく美味かったので備忘録。多分今までで食べた中国の料理で一番美味かったかもしれない。

久々に中国を歩いて感じたこと

3年ぶりとなる中国広州の町を散策。そこで気がついたことを少し。

まず、「EV」の普及が半端ない。道路を走る車はほぼ電気自動車だ。そして、歩道をバイクが走るが、それも全部電気で動いている。だから、見た目はすごい交通量が多い道でも、車の音がそれほどしない。交通ルールを無視しているのか、歩道を電気バイクが走るが、それもとても静かで、とても違和感がある。なんか、街がすごい交通量で混雑しているのに、車の音がしないから、「あれ?俺の耳おかしくなったのかな?」と、違和感を持ってしまった。車の音しかしないムンバイから来たから余計そう思うのか。。

さらに、意外とマスクしてない。広州空港に着いてから、むちゃくちゃ厳しい管理下の元隔離されていたが、隔離が明けて外に出てみると、外は全然コロナ対策めっちゃやっている感じには見えない。レストランもこんな感じだ。

地下鉄の駅も凄い混んでる。
最後に、「広州タワー」のワンショット。

-Indianlife

Copyright© 備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.