wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

India Japan Life

662回目:日本語試験

うちのインド事務所では、

僕のチームに3人の最若手ジュニアメンバーがいる。

日本でいう新入社員新卒採用的な人材だ。

インドの大学まで行って、採用活動をしてきたらしい笑

それはそれですごい・・・笑

どうも、自分もそれをやってくる時が来るとのこと。

楽しみ・・・笑

なんか、90人ぐらいのインド人の大学生を面接するとのこと。

やべーーー。めっちゃ面白そう・・・笑

教育も仕事

彼ら彼女らには、うちのインド店の生え抜きメンバーとして、

長くじっくりと教育をしている。

そんな未来のエースたちには、日本語を勉強させている。

今日は、彼ら彼女らとの日本語上達テスト。

ボスと僕の前で日本語を喋らせる。

すると・・・・

あれ?思いのほか・・・

めっちゃ発音いいな・・・・

なんか嬉しい・・・

私「おいおい。いくらなんでもうますぎねーか?どうした?」

インド人ジュニア「はい。これ読みながら話ししてます」

私「んだよ・・・どうりで・・・どれ・・それ送ってみ!」

(きっと、アルファベットで書いてあるのだろう・・・)

どれどれ・・・・

え?

ひらがな?

私「これ自分でかいたの?」

ジュニア「はい。」

私「なるほどーー。それはそれでいいな!」

おっし!!!

2週間後!もう一回やるぞ!!!

次は、この文章を全部暗記して俺の前で喋ってみ!!

ジュニア「YES!BOSS!!」

・・・・・・・・・

・・・・・・・

なんか・・・・

なごむ・・・

先生って、こう言う気持ちなんだな・・・・

-India, Japan, Life
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.