wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Life

636回目:The Great Journey Episode 5

俺は変わってみせる

11月にアメリカにきて早くも数ヶ月が過ぎた。

アメリカの冬が終わり春を迎えていた。

俺は日本を出発たときからこう思っていた。

『生まれ変わると』

人生リセット、、、

語学を身につけて、、、

完全リニューアルして帰国すると、、

そして、デブデブに太っていた自分の身体にも磨きをかけてやるということで、

めちゃくちゃトレーニングをしていた。

帰国したら、全員びびらしてやる。

その一心だ。

何をしたかって、、、

ランニングだ。

僕が行っていた語学学校は、シンシナティ大学の敷地内にあり、シンシナティ大学のジムを割引適用で使用できた。

シンシナティ大学のジムは半端なくデカかった。

  • トレーニングアリーナ
  • バスケットコート4面
  • プール
  • 流れるプール
  • ランニングエリア
  • テニスコート

などなど、、

ジムというより、トレーニングアリーナと言っていいほどの規模だった。

そこで毎日走る。

毎日運動する。

フルマラソンにエントリー

ランニングしまくっていると、

『何か目標が欲しい』

と思い始めた。

すると、

『フライングピッグマラソン』

という、、シンシナティシティマラソン

の存在に気がつき、迷わずエントリー。

人生、、4本目?か5本目?となるフルマラソンへのエントリー。

かつ海外、、

ヤバい、、

カッコいい、、

その為に毎日毎日走る。

体重はどんどん痩せ、8キロは減量していた。

シンシナティフルマラソン

5月1日

シンシナティフルの当日を迎える。

もちろん、アメリカ家族も応援してくれてる。

『UK!!後でコースに応援しに行くからね!』

Yusuke と発音しにくいので、ニックネームは『UK』

私『OK!まってるね!』

。。。。。。

。。。。

朝6時。

メジャーリーグシンシナティレッズスタジアムからスタート。

そのスタートラインに立っていた。

目標タイムは、4時間30分

距離は、26マイル(フルマラソン)

『やってやる。』

スタートを切る

一斉にスタートをきる。

1マイル、2マイル、3マイルと順当に距離を重ねる。

最初は、街中を走り、それから郊外へ。

順調順調。。

そして、、、

7マイルほど行ったところだろうか。

なんか分岐がある。

なんか、わからんが取り敢えず流れに任せて、

その分岐もクリア。

そこからまた景色がかわり、ダウンヒルとなる。

快調!

いいぞ!

この感じだとハーフ(13マイル)の通過は、

予定通り1時間45分!

非常に快調に飛ばす。

すると、違和感が

何やら、声援が多くなってきた。

そして、周りのランナーがすごい必死になっているような感じがした。

声援も頑張れ!と言ってるか、

とにかく気持ちが良かった。

すると、一瞬、、

沿道の声援から気掛かりな言葉が、

“オールモストゼアー!!(もう少ししだ!!)”

。。。。。

。。。

もう少し?

いやいや、

まだまだだろ。。

まだ、あと、13マイルはあるぞ!

ハーフにもきていない。

んん?

。。。。

。。。。

。。。

ちょっとまて!

。。。。

これ、おかしいぞ。

。。。。。

。。。

ちらっと、隣に目をやる。

隣を走ってるおっさんに聞いてみた。。

『まさか。。これはハーフマラソン?』

。。。。

。。。

おっさん『いえす!!ノープロブレムレム!オールモスト!ゼアー!!はぁ、はぁ、はぁ、』

。。。。。

。。。。

終わった。

。。。。

。。。

コース間違えた。。

。。。

てか、これフルとハーフ混合スタートだったんかい!!

なるほど!

だからゼッケンの色が違うのか!!

俺はグリーンゼッケン、、

周りは、、、、

。。。。。

。。。

オレンジ!!!

。。。。

。。

グリーン1人!!!!

。。。。。

。。。

あの分岐か!!!

あそこかぁ!!!

。。。。。

。。。

完全に間違った。

英語で色々書いてあってもわかんねーーーわ!!

こんなのぉぉお!!

またやっちゃってるじゃんおれ!!

。。。。

。。

すると、沿道にボードが出る。

。。。。

『ラスト!ワンマイル!!』

。。。

。。

死す。

。。。。

。。。

こーなったら、、、

せめて疲れよう!!

ヤバい!フルに備えて全然疲れてない!!

ここからせめてスーパーダッシュして、

それなりの達成感を味わうしかない!!

到着

ゴール。

ハーフのゴール。。

立ち尽くす私。。

。。。。。

。。。。

終わっちゃってんじゃん。。。。

私。。。。。

。。。。

。。。

やばい。。。。。

。。。。。。

。。。。

あ。。。。

。。。

ホストファミリーに言わなきゃ。

。。。。。。。

。。。。。

ゴール直前で待ってる言ってたな。。

。。。。。。。

。。。。。

。。。

私『あー。。もしもし。。サラ?』

サラ『おーUK!今からあなたのジュニアブラザーシスターと一緒に向かうよー!待っててねー!』

私『あのさぁ。。』

サラ『ん??』

私『ゴールしたわ。。』

サラ『え?早くない?』

私『ハーフのゴールに笑』

サラ『笑笑笑!!!!なんで?笑』

私『コース、間違った笑』

サラ『笑笑!!!。。。帰ってきなさい笑。あなたの好きなスープ作ってあるよ。』

私『わかった笑 ありがとう』

家に帰る

子供たちクソ爆笑。

パトリックじぃさん爆笑。

パトリック『UK!走り足りないだろ!笑』

私『全然疲れてない笑』

笑笑!!!!

。。。。。

。。。

翌日学校へ

うぃーっす!

先生、友達『へぇーーい!ゆーすけー!!フルマラソンどうだった?』

私『コース間違って、ハーフで終わった』

笑!!!!!

悔しい

俺は悔しい。

リベンジしたい。

おもむろにパソコンを開け、

アメリカで行われるフルマラソンを調査。

シンシナティマラソンを終えたその日の夜、

俺は、

6月 サンディエゴ フル

7月 サンフランシスコ フル

に、即エントリー。

リベンジを確定させる。。。

-Life
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.