wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas India Japan

616回目:3本の矢

恐竜の街、、、福井。

僕はいま福井にいます。

私達のグループ会社の、さらに兄弟分となる福井県福井市に本社を置く企業に訪問。繊維加工用界面活性剤の製造・販売を主力に、業務用洗剤・化粧品の製造・販売やバイオ事業などを展開し、そのオフィスの作りは、フリー座席。

天井は自然の光が差し込むように設計され蛍光灯の数が非常に少ない。

壁の中には地下水から組み上げられた水が循環しており、温度を一定に保つ水の比熱を利用した冷暖房効果を備え、一年中一定の室内温度を保つ省エネオフィス。

一階と三階にはカフェがあり社員は常に使用できる。2階にはカフェを設置しないらしい。何故なら、社員の交流を活発化させる為にあえて各フロアに置かなかったとのこと。さらにオフィス内には図書館やラボも設置してあり、最新の本や自主基準での検査等も第三者の力を借りずに実行できる。

なんつー会社だ。。。

不意に、

私『すいません。。ここ転職募集してますか?笑』

担当者『逆に、是非来てくださいよ!!』

と、

冗談混じりにでもそんなことが言いたくなるような、今の時代の最先端を走る労働環境だと思った。

これからの未来へ向けた協議

この会社とは、今後インドで、ともにこの会社の商品の拡販に向けて協業する。しかも、この会社の商品は、繊維アパレル関係の商品製造中に使う化学品。日本最大手アパレル企業もこの会社の化学品を採用している。

これから待ち受けるビジネスチャンスとしては、インド国内にて、私の得意とする繊維アパレル関連分野への、化学品の販売や、この会社の化学品を付加価値としたアパレル商品の日本輸出だ。色々と細かい難しい化学的なところはこれから勉強するとして、『なんのために』『どの段階で』使われるのかというのはとてもよくわかった。

三本の矢

よく会社からは五カ年計画、今後のビジネスモデル、行動計画、事業計画、、などなど、、言ってる上のご本人すら明確になってなさそうな計画作成の指示がくる時がある。部下としては、それをあなたから教えて欲しいんですよ!と、若手達は、喉まで出かかっている。

でも取り敢えず、自分の中でのインド駐在中にやっていきたい行動指針を『3本の矢』として作ってみた。

  1. インドのインフラ改善をめざす(インド人の生活インフラ改善、日本人駐在員の生活インフラ改善)
  2. SDGs(サスティナビリティ)
  3. メイドインジャパンインド拡販

この3本だ。この3本のイメージに合うように仕事を捉えていく。これに当てはまらないようであれば、そこまで深掘りする必要はない。逆に、一見当てはまらなそうでも、その3本の矢に当てはまるように、その仕事への捉え方を変えていくのもありだ。

なんでこんな気持ち悪い真面目ぶったことをしたかというと、インド駐在を一年やってみて、

気がつけば、

一瞬で一年が過ぎた

なので、大まかにでも、自分の中に目指すビジョン的なものがなければ、何に向かって進んでいったらいいのか分からなくそうだった。だから、1年間流してみて自然と現れてきた考えをもとに自分で作った。自分の為だけに。

ちなみに、こういう指針やビジョンを作るときは、目指す行動指針を狭めすぎずに、指針を作るってことが無茶苦茶ポイント。これならなんでも当てはまりそうじゃん!っていうご意見もあるが、逆にそれでいい!

その着手しているジャンルはバラバラであるものの、最終的には俺の指針の中に当てはまっているって感覚が、その仕事への向き合い方を変えて、より能動的に着手しやすくなる。これが指針をつくる1番の目的。

何に向かってその仕事をやっているのか

これがあれば、どんな仕事もすんなり着手できる。

ノンストップ。お悩み不要。行ける。

今回も

インドでの化学品の販売。。

化学品の部署の担当でもないのに。。

一見、畑違い。。

インドの相棒が化学品担当。。。

しかし、

ベンチマークととなるのは、インドの繊維アパレル産業。

さらに話を聞けば、その商品は、環境に配慮した化学品で世界的な認証を得ているだの、メイドインジャパンを世界へだのと説明してくれるわけだ。

すると、自ずと、商品自体は化学品であるものの、もともと自分が得意といしてた産業へのアプローチ、自分の中で設定した3本の矢の2本目と3本目にも被ることになる。

だからすんなり腹に入る。

『これはうちの部署ではないから。。』

『それは素人の俺には出来ない』

とか全く関係なし。

やれるわ!という気持ちになってくる。

チャレンジの一歩目

食わず嫌い

には打ち勝った。

夜はめちゃくちゃ

お相手は事業部長や、本部長クラス、はたまた途中出場でとあるアパレル企業の副社長まで参戦してくる始末。

インド店からは先方からしてみたらガキんちょの僕と相棒。

緊張する。。。

こんな錚々たるメンバーと。。

結果。。。。

最高。

爆笑。

蟹めちゃくちゃうまい。

そして、

是非インドでこれからも

頑張っていきましょう!

と、硬い結束を結んで解散。

いい出会いをしました。

このビジネスは絶対面白い。

化学品。勉強したりますわ!

さて、そろそろ名古屋につくころか。

-Ideas, India, Japan
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.