wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas

396回目:英語で生きる〜目的編(1/6話)〜

396回目〜401回目の6話完結シリーズ

私『そーいやー。僕の英語ってアメリカ英語消えちゃった?』

彼女『うん。今は、ジャパチャイニーズインディアン英語になってるよ』

私『そっか。。』

そんな会話がされ、若干のショックを受けた僕は、また、英語を練習しなければいけないかもしれないと思い始めた。

そして、振り返った。

そーいやーどーやって英語身につけてきたんだっけ。。

と。。

そして、忘れかけていた。

どうやって学んだかを。

なので、いい機会だから、どうやって自分が英語と立ち向かったのか、ここで思い出しがてら、本当に僭越ながらも。。。シェアをしておこうと思った。

偉そうに書けるモノではないので躊躇ったが、、

やってみよう。。

自己分析すると、2020年5月時点での僕の英語力はこんな感じだ。

  • インドで英語で仕事してるが、喋ってて分からない事は多々ある。
  • 英字新聞なんて読む気にもならん。疲れる。
  • Webサイトが英語。。疲れる。どこかに日本語ボタンない?
  • Google翻訳必須
  • 中国人の彼女と英語。99.9%理解できる。
  • 旅行は楽しめる。英語でストレスは感じない。
  • 日々の日常英語は問題ない。
  • メールで英語。問題なし。問題あればGoogle翻訳。
  • 映画は、字幕なしで50%ぐらい楽しめる。なんせ映像があるし。。なんて言ったの?なんて聞かれても正直答えられないが楽しむことはできる。
  • 電話で英語。日常会話90%問題なし、仕事になると50%ぐらいか。。リアルなところ。
  • 会議で英語。高く見積もって、70%ぐらいは分かっていると思う。。
  • 文法。あまり深く考えてない。前置詞。。どーだっていい。
  • 単語力。中学生単語までなら、反射的に口から出る。

こんな感じだ。

超リアル。

ここでシェアしたいのは、自分の中で、

”英語を使って生きていける”

と、自分で思うようになるためには、どういう過程を辿ったのかを、自分の歴史を元にシェアする事。

元々最初から話せたわけではないし、トイック900点以上でした!なんていう完璧なキラキラした根拠に裏打ちされていない。単なる僕の辿った道をシェアするだけだ。

とは言え、僕が辿った道から、

なにかを感じてくれたら嬉しい。

これでもわかる通り、

完璧を目指さなくても、

問題なく生きていけるということ。

そしてそれは、案外思っているよりも、

難しいことではないということ。

誰でもできる。

だけど、

時間はめちゃくちゃかかるということを。

自分の英語力客観的視点

2005年センター試験現役(140点ぐらいだったかなぁ/200点)

2006年センター試験一浪(170点ぐらいだったかなぁ/200点)

トフルMax58点(2016)。。

※これは当時会社の研修メンバーでもかなり低い方。。。

トイック630点ぐらい(2008)。。

※浪人した時の英語文法力が当時まだ残ってたと思う。

この客観的数値から見てみれば、日本人の平均的な基礎英語力という点では、学生時代はあった方かもしれないが、それは受験勉強で蓄積された知識なだけあって、決してそれが生活に活かされたとは到底実感できていなかった。なんせ、生活に必要な、聞く力と話す力はかなり乏しいもので、テストで点を取っているポイントは、文法と読む力を問われるところが中心だった。

自分の英語力主観的視点

テストは取れる。しかし、活かされない。

この葛藤はとてもしんどかった。

※これは、アジア人、特に日本人が陥る葛藤。

なぜなら、英語は義務教育で10年も勉強してきたのに、人とコミュニケーションが取れない。

勇気を出して喋れない。

恥ずかしい。

自分の英語がどう思われているのか、

気になって仕方がない。

会話をされても、イエスイエス。のみ。

こんな感じだ。

これが2006年〜2010年の大学時代は勿論、2015年のアメリカ研修中でも、多少喋れるようになってはいたものの、常に陥っていたジレンマだ。

英語勉強の歴史

小学一年生ごろ英会話教室に通ったが即辞めた。

中学から義務教育で英語勉強。

高校ではむしろ英語は苦手分野。単語を暗記する事に集中。

大学時代にAEONに2年ほど?通う。果たして意味があったのか甚だ疑問。

大学3年時アメリカに1ヶ月留学。何か芽生えた。

社会人6年目アメリカ10ヶ月留学。ここから変わる。

その後、彼女と英語。

今に至る。

英語を習得する理由

始めに素直に言っておこう。

英語を習得して世界で仕事をしたい、高校から大学の時にそんな目標も立てたこともあったが、今となって敢えて素直に言わせてもらう。

そんなんじゃない。

理由はそんなカッコいいモノじゃない。

じゃーなにか。

それは、、、

英語を喋ってる自分カッケーという承認欲求だ!

ただ、英語が喋れる自分に酔いたかったんだ!

世界で仕事をしたい。

海外の人と話をしてみたい。

視野を広げたい。

そんなの後付けだ!

さらにいう。

英語で映画が理解したいと思っていた。

なんで?英語の方がその人の感情がわかる?

いやいや!

プロが入れてくれた字幕でみて、

その内容わかれば、それでいーじゃん!

内容がわかればそれで楽しいでしょ。

大事なのは分かるってこと。

別に無理して英語じゃなくたっていい。

文章を理解したい?んなもん、Googleがやってくれる。

なので、根本的な理由はもっとシンプルなところにある。

英語を習得、つまり、喋れるようになりたいってのは、自己満の世界だ。

少なくても僕はそうだ。

つづく。。

-Ideas
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.