wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Indianlife

374回目:ラーメン道Ⅰ〜最終話 天下一品〜

これはとあるラーメン道を目指した一人の男の物語。

そしてこれは、とあるラーメンを極めようとした一人の男の、

命をかけた最後の物語である!

最後のクライマックスで、

思わぬ事態になろうとは!!

果たして・・・・

どうなってしまうのか!!!!!

2時間スープを煮込んだ。

チャーシューを取り出す!

作っておいた醤油ダレにつけ置きをする。

そして、次は一緒に煮込んでいた、もも肉と鶏皮、そして野菜をすべて取り出し、

ミキサーで粉々に!

完成。

粉々になった材料。

ミキサーをかけた液に、もともと作っていたスープを足していく。混ぜながら1時間煮込む。

元々のスープはそのまま1時間更に煮込む。

この時、ものもとのスープと、ミキサー液+もともとのスープで、

  • こってり用スープ(左)
  • あっさり用スープ(右)

の2種類のスープが完成する。

ネギを切る。

チャーシューを切る。

チャーシューを付けておいた醤油ダレ。

これは、ラーメンのタレとなる。

更にダシをとり、あっさりスープが完成する。

麺はこれだ。

無論、

丼はお湯で温めておく。

できた!

ゆぎり。

ここに命を吹き込む。

完成した・・・・・

・・・・・

・・・

・・

天下一品風あっさり醤油ラーメン!!

天下一品風こってり醤油ラーメン!!

実食

こ・・・これは・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

めっちゃくちゃうまいぞ!!!!!

両親も、めちゃくちゃうまいと言ってくれた。

今まで、スパゲッティやら、作ってきたが、

今回のラーメンは、

最高傑作

と、いっても過言ではないだろう。

山形で外出できずに、ラーメン屋に行けずに困っていたが、

自分でラーメンを作ることにより、解決!!!!

これは・・・

ムンバイでも作れることは確信した。

コストは・・・

残ってる食材もあるからいくらかかったかは言い難い。

しかし、約5000円で10人前は軽く作れるイメージ。

そして、この中の多くの割合を占めるのは、

チャーシューに使う豚肩ロースだ。

コストの40%ぐらい占めている。

最後に・・・

とても気に入ってくれた親は、

明日も食べるとのことで、スープを冷凍して保存しておくとのことだった。

いいものが実家で作れてよかった。

こってりのスープが、めっちゃ黄色いのだけが・・

改善点か・・・

-Indianlife
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.