wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Indianlife

196回目:ムンバイ 稲門会

本日は。。

朝っぱらから、Naviムンバイというところにエビの商談に。

我々は現在天然のエビの仕入れを行なっている。

いかんせん、2019〜2020年は天然の海老の収穫量が悪くどの工場も中々供給量を確保できずに困っているようだった。

何故なら、急激な地球の温暖化が原因で気候が変わり、雨季が長引いてしまい、漁業で船を出せなかったらしい。

故に、また収穫時期となる8月ごろに訪問し、工場のラインチェックや供給量の確認を行わなければならない。

養殖とは異なり、天然が故に、環境に左右されるところが難しいところ。

しかし、難しいが故にとてもやりがいも感じられる。

皿やお香

午後は、日本に提案するようの、インドの皿やお香の面談を行った。

ターゲットプライスを念頭に入れつつ、日本に合いそうな商品を探す。

提案した結果、その商品自体でオーダーになるかどうかは分からないが、これが何かの起点になって新しい商売が作れたらと思う。この動きは、駐在している間、永遠に継続しなければならない。

稲門会入会

そもそも、この社長とは、日本人会新年会で知り合ったインド人。

彼は早稲田大学の大学院に留学していたらしい。もちろん、日本語ペラペラ。

その彼が、雑貨のサプライヤーをしているとのことで今回南ムンバイの事務所に会いにきた。

そして、面談後、その彼からの紹介で、

早稲田大学ムンバイコミュニティ

を教えてもらった。

こんなコミュがあるとは知らなかったよ‼️

どうも年に4回飲み会が開催される模様。

これは僕にとってもいいコミュニティ。

人脈できそう。

もちろん。

即入会

しかし、、相変わらず、帰り道時間かかるなぁ。。

恐らく、軽く2時間はかかるだろう。。。

ブログの執筆にはもってこい。

-Indianlife
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.