wasureru maeni nokosumemo

備忘録

Indianlife

831回目:ヒマラヤ年越旅行記③〜シッキム州入境〜

2022年12月31日の備忘録

今回の旅の全体像

12月30日ダージリンにて

昨夜のこと。

ダージリンのホテルにて。

私「明日、シッキム州のペリンまで行きたいんだけど、どうやって行ったら良いかな?」

ホテルの兄ちゃん「僕の友達がドライバーやってるから、呼んであげようか?」

私「マジで?ほんなら、それでよろしくお願いします。」

ホテルの兄ちゃん「OK。4500ルピー(日本円で7000円程)で行けるよ。」

私「OK。4000ルピーで値切ってくださいな」

12月31日朝ホテルをチェックアウトすると

一台の車が待っていた。ドライバーの名前はパワンくん。よろしくオネシャス。早速彼と一緒にシッキム州のペリンを目指す。事前にシッキム州に入るための入境許可書は入手していたので、これは楽勝だと思っていた。

彼がいうには、「Jorethang」という場所を通ってシッキムに入るという。ただ、私の貰った入境許可証には、その文字はない。「Melli という街から入れ」と書いてある。「地球の歩き方」を見てもそのコースは、外国人は許可書を持っていても入れないと書いてある。

一応、許可書を見せてその旨を伝えるものの、彼は、「問題ない」という。

本当に大丈夫か?

そして、私は彼にこう言った。

私「信じるわ」

朝飯
朝飯で食ったこのMOMO(餃子)がすごい美味かった。
ダージリンからシッキムへ向かう道中。斜面に茶畑が広がる。

Raman Bridge からシッキムへ入境する

結果、普通に通過

私の不安をよそに、パスポートに「シッキムエントリー」のスタンプが入る。

勝ったわ。

さすが現地民のドライバー。

こういう時に頼りになるぜ。

ずっとここまでドライバーのパワン君が、シッキムまでの運転と案内をしてくれて、シッキムの文化や産業なども沢山教えてくれる。結果、まあまあ仲良くなって、私がペリンにいる間のドライバー兼、帰りの空港まで送ってくれる事にもなった。もちろん有料だが、一回、仲良くなったら下手に疑ってかからない方がいい。というか、こういうむっちゃ田舎の兄ちゃんはみんな素朴。だから、恐れることはない。これで、この度の交通手段も完全に確保された。もう安心だ。移動手段は何とか目処がたった。

シッキム州とは

シッキム州(シッキムしゅう、英語: Sikkim)は、インド北東部の州のひとつで、ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間に位置する。下の赤い線がヒマラヤ山脈。これをみると、インドのシッキム州だけヒマラヤ山脈に食い込むように位置し、ネパールに行かなくても、インドにいながらヒマラヤ山脈の中に入っていける場所だ。ここには、世界第3位のカンチェンジュンガ山が近くに聳え立ち、私が向かっている「ペリン」という街は、かなり近いところから「カンチェンジュンガ」を見ることが出来る。

ペリンに着いた

着いた。ペリンホテル。一泊5000ルピー(8000円ぐらい)。

断崖に聳え立つホテル。ここペリンは、ヒマラヤ山脈でのトレッキングや観光をするための、ベース基地となる街で、多くのホテルが他に並ぶ。

ペリンの街

カンチェンジュンガビューを堪能

さてと。

私が予約したホテルは、いうまでも無い。

「カンチェンジュンガビューサイド」の部屋だ。

ここで、年を越す。カンチェンジュンガの初日の出を、ホテルの部屋から見るのだ。

で・・・・

カンチェンジュンガはどこ?

ホテルの兄ちゃん「カンチェンジュンガはあちらです。部屋の窓から見えます。」

私「どれどれ?」

カンチェンジュンガビュー

私「え?どこ?曇ってるよね?」

ホテルの兄ちゃん「はい・・・」

私「なるほど・・・山だからな・・・・いつなら見えそうなのかな?」

ホテルの兄ちゃん「サー・・・正直言うと運次第です・・・・ちなみに、ここ五日間程、私たちも、カンチェンジュンガは見えてません・・・ここのところ曇りで・・・」

私「マジっすか・・・・」

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・

・・・

明日は、パワン君と一緒にペリンを一日中観光する。

-Indianlife

Copyright© 備忘録 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.