wasureru maeni nokosumemo

備忘録

Indianlife

813回目:妻に会う②〜インド人からのスペシャルサプライズ〜

2022年8月6日の備忘録

私は、弊社インド店の皆様より、どデカいサプライズを頂いた。そのメモリアルデーをここに記す。。

2022年8月5日 10時に来てください

「ボス・・明日は10時に来てください・・・」

そのように前日にスタッフから言われ私は全てを悟った。

「これは・・・明日何かあるな・・」と。

私へのサプライズを悟った私は、インドの正装「クルタ」を着て会社に向かった。

そもそもなぜサプライズがされるかと言うと、今回私は日本と中国へ「結婚式」や「親族への挨拶」に行くために一旦インドを離れるためだ。

結婚休暇と、有給休暇を使いに使って、、

  • 8月6日のフライトで私がムンバイから日本へ、妻は中国広州から同日日本へ。
  • 8月31日に、二人で日本から中国の広州へ。
  • 9月28日に、私が広州からムンバイへ。

常識では考えられない選択をしたが、なんとか会社からも許可を頂き、ギリギリルールを守った上で、この貴重な時間をいただくことが出来た。2ヶ月もインド店を開けるのは、「常識」ではありえない。しかし、僕は入籍をした今、この時間だけ少しもらって、「日本と中国を平等にちゃんと同時期に妻と一緒に両国へ出向く」ということが、一生の中で一回限りの重要な時期を迎えた今、「仕事やキャリアよりも重要である」という結論に至りこの選択をした。

しかし、私のボスには非常に頭を悩ませてしまった。いかんせん。2ヶ月事務所を離れますなんて。。そんなの、会社では「前代未聞」。本当に色々悩まれたと思う。。そんな中、許可を頂きありがとうございました。。

なので、大ボスを安心させるためにも、僕がいない間も、インドの私のチームがちゃんと機能出来る様に、ちゃんとケアをしていく。また、インドに戻ってきたらめっちゃ仕事してやる。

8月5日 10時に到着 そして特大サプライズ

朝10時。

オフィスに到着。

インド人が1人玄関にて待ち受ける

「ボス・・・このまま玄関で待機です。そして、OKと言ったら、ボスは1人で入ってきてください・・・・」

「はい。。分かりました。。」

・・・・・

・・・・・

もうこの地点でサプライズがあるのは確定だ。

そして、私はすぐ中国の妻に電話した。

「多分、インド人のメンバーは僕らのサプライズをするぞ!妻も一緒に、このままビデオチャットで繋ぎながら、一緒にサプライズを受けよう!!」

「OK!いいよ!」

そして、私と、私の妻(携帯のビデオ通話)の2人で、インド店のドアを開けた・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

もうここからは、文字はいらない。写真で十分だ・・・・・

ムンバイ店、アーメダバード店、テランガナ詰所の3拠点を同時に中継しながら、ムンバイ店のみんなが僕を待っててくれた。

そして、始まった。

「私さん。結婚おめでとうサプライズ!」

開催だ!!

もう勘弁してくれ・・・

もう勘弁してくれ・・・

お前ら・・・・

やりすぎだ・・・・

確かに、昨晩私はみんなに、「私のサプライズ」を煽った。

ただ、想像以上のものをやってもらちゃった・・・・

次から次へと出てくるプレゼント・・・・メッセージカード・・・・写真撮影・・・デコレーションされた机・・・・

しかも、どこから拾ってきたのかと思われる私と妻の写真・・・・お前ら・・・・やりすぎ・・・やりすぎだよ・・・・・

この祭りは、1時間続いた・・・・

そして一旦落ち着く・・・・

本日のランチは・・・・・

これで終わったよな・・・ありがとう・・・・

となったら・・・・

インド人「ボス・・・・次はホテルへ移動します・・・」

私「え?」

インド人「スペシャルランチです・・・」

私「嘘だろ・・・」

ランチが終わった・・・・

「ボス・・・次は・・・」

「え?次?」

「はい・・・」

「次は何?」

「釣具屋へ行きます・・・」

「はい・・・わかりました・・・・」

完全燃焼・・・

お前ら・・・・

マジでありがとう・・・・

送り出してくれてありがとう・・・・

インド人やりすぎです・・・・

こんなにお祝いされたのは・・・ほんと初めてじゃないか・・・・そのぐらいのインパクト。

一生忘れないと思う・・・

そして、日本行きのフライトに乗る

私のムンバイからのフライトは朝着

妻の中国からのフライトは夜着

明日・・・約3年ぶりに、ついに妻に会う・・・

-Indianlife

Copyright© 備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.