wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Indianlife

242回目:シンジお疲れさん

今日は出張スーラット日帰り

朝6時出発し、帰宅した現在夜12時。

車で片道5時間かけて、ムンバイの”スーラット”という地区にある

アパレル工場に行ってきた。

その内容は下記だ。

メンバーは、僕と、

アパレルセクションインド人マネージャーKさんと、

インド人若手のヤングガールHさん。

そして忘れてはいけない超重要人物。

ドライバーのシンジこと、シンさん。

(ジ=さん)

シンジに関しては、この回を参照・・・・

彼は、今日朝3時に起きて、僕を含めた全員をピックアップし、工場へ向かう。

帰りは、僕を最後におろして、自宅へ帰る。

自宅につくのはおそらく、深夜二時ごろ・・・

本当にお疲れさまでした・・・・

もちろん、明日も朝5時に起きて、僕と相棒を迎えにやってくる。

シンジ・・・・・

インド人2人を見送った後・・・

最後2人だけの車内・・・

シンジ「さー。つかれましたか?」

私「いやいや・・・俺は疲れてないよ!むしろシンジ大丈夫か!?」

シンジ「私は大丈夫です」

そう言われると余計グッとくるものがあるよ。

シンジの笑いのツボ

ちなみに、シンジを笑かす鉄板ネタがある。

それは、

”どう考えても家に帰るとわかっていながら、あえて違う場所を指示する”

って会話。

とある帰り道・・・

シンジ「サー。ホームね?」

私、相棒「シンジ・・・・・デリーに向かってください」

シンジ「クスクス・・・・」

私、相棒「ウケてる・・・・」

と、

どうでもいい、、、

ほんとどーでもいい、、

しかし、心の底から、どーでも良い会話でも彼は、笑ってくれる。

むしろ、それ以外我々は、彼の笑いのツボを掴みきれていない。

車内では・・・・・

家はもうすぐそこ・・・・

私「シンジ・・・・・すまん・・・”スーラット”に戻ってくれ・・・」

シンジ(クスクスクス・・・・)

笑ってくれている。

更に畳み掛ける。

私「いやー実はさ、、、スーラットの工場にパソコン忘れてきちゃって、戻ってほしいんだよ〜笑・・・・往復10時間もう一回やって・・・・」

・・・・・・・・・・

・・・・・

さあ・・・どう出る!??

・・・・・・・

・・・・

・・

パチンパチンパチン!!!ははははは〜!!!!

・・・・・・

・・・・

ウケた・・・・手を叩いて笑ってくれている・・・・

・・・・・・・

・・・・

シンジ・・・・

・・・・・

そんなに面白いか・・・・

なら良かった・・・

疲れているはずなのに、シンジがそんなに喜んでくれるなんて、

また明日、いつも通りよろしく頼むよ・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・

シンジ・・・・

君は、僕のどうでもいいネタで爆笑してくれたのは嬉しい・・・・

けども・・・・

その一部始終を書き留めているこのブログ自体は・・・・・

・・・・・・

・・・・

思いっきりスベっている気がするよ・・・・

-Indianlife
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.