wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Accident India

253回目:在宅勤務

決断

我がムンバイ店は、明日から在宅勤務スタート

先週木曜日?あたりから、マハラシュトラ州(ムンバイがある州)のコロナウイルス感染者が急激に増え、この決断に至った。

マハラシュトラ州のプネというこれまた日本企業が多い街は、完全に出入り禁止となった。

全員マスク着用で勤務をしているが、一番感染リスクがあるのは、スタッフの通勤や移動による感染。それをすべてリスクを軽減するために行われる。

てか、ムンバイのお店もどんどんお休みになり、挙句の果てにはメトロも、明日からお休みになるとのこと。インド、こういうときはやること早いな!!!

半ば強引。でも、決断は早い方が良い。

いかんせん、、

なっちゃった後のインドでの病院隔離で、何されるか分からんという別な恐怖もある。

在宅勤務になるとはいえ・・

これは、

感染してからどうしよう・・・・ということではなく、

なる前に防ぐという予防策。

先週木曜日から怪しくなってきて、今日で段取りを決めて即実行に移したボスの決断は、全面的に賛成。

自分もこのような素早い決断ができるように未来成長していければと思う。

在宅ルールは下記。

  • 日本人駐在員は交代で出勤。
  • インド人スタッフは全員パソコン持ち帰り自宅で仕事。
  • 会計チームなどどうしても出勤が必要な場合は、ボスと連絡を取りつつリキシャーで会社へ来る。(公共交通機関は使用しない)
  • 3月18日〜3月31日まで
  • 出勤はSNSで管理(管理チームがその出退勤を管理)
  • 毎日日報を提出し、部門マネージャーがチェック。その後、部門マネージャーから日本人駐在員に報告が上がり、ボスに報告(ちゃんと日報を書くようになり新たな発見もあるかもしれない)
  • ボスから手洗いうがいの重要性をレクチャー(最近マスクをつけ始めるようになった人種だ。最低限の予防策を教授)

こういうイレギュラーな決断が下りると、これまたイレギュラーが発生し、その判断も迫られうという経験もした。

例えば、実家にお父さんとお母さんがいて面倒を見たいので、帰れないか。。など。いつ交通機関が止まるかも分からないし、その移動でその本人がコロナ中からのではと、色々考える事がある。その都度その都度、インド人スタッフと話あって個々人が納得の行くように事態を落ち着かせていければと思う。

とりあえず、一番大事なことは、我々とスタッフ全員の身の安全。

コロナにかかっちゃいました・・・どうしましょう・・・

となってからでは遅い。

お前ら!絶対これを機に旅行とかバーとかにくりだすんじゃないぞと念を押す。

さてと。。

まずは、家に帰ったら手洗いウガイ。

そして、胃の中も消毒してっと。。

-Accident, India
-

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.