wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Indianlife

238回目:インドのイケてる歌

文化吸収の難しさ

私も含め海外で生活する上で何が難しいか・・・

一つは、

「現地の文化に馴染むこと」

が挙げられるだろう。

なんせ、ぶっちゃけそんな好きでもないのに、相手の国に合わせていくわけだから、ストレスが掛かるのは当然のこと。でも、知ることによって、距離が思いっきり近づくってのは中々面白い。

そこで、今回、これからインドに来る皆さんに、

「これさえ覚えていたら、盛り上がるイケてるインドの曲」を、

1曲だけ

紹介させていただこう。

これを外国人が口ずさんだら、インド人から、

「マジかよ!!!おおおおお!!」

と言われるのは間違いない。

Zack Knight & Jasmin Walia 『Bom Diggy』

こちら。

2017年8月リリース。

イギリス系インド人のZack Knight と、Jasmin Waliaの代表作。

言語はパンジャブ語と英語で構成され、 「Sonu Ke Titu Ki Sweety」という映画で"Bom Diggy Diggy" としてリメイク。2017年8月にリリースされてから、2018年12月までに、オリジナルとリメイク版合わせて

7億回以上

YOUTUBE再生をされた名作中の名作。

インドの若い人達は全員知っているといっても過言ではない。

どんなことが起きるか・・・

  1. 普通に飲んでいる、喋っている
  2. 誰かがこのBom Diggyを選曲する
  3. イントロが流れる
  4. 「うおおおお!!」という感性
  5. 皆立ち上がって広場へGO
  6. 踊りだす
  7. そのままエンドレスに踊りだす
  8. 私ももちろん誘われる
  9. むしろ、いけ!こい!ううぇーい!
  10. 行くぞーーー!!!
  11. 適当に踊る
  12. 疲労困憊

この流れ。

ここで、注意。

このノリってやつがとても大事。

アメリカでもインドでもそうだったが・・・・

あくまで自分は外国人で、

その現地の人からしてみたら訪問者なのだ。

だから、相手は

”私が楽しんでいるかどうか・・”

って部分めちゃくちゃ気にしている。

「私さん楽しんでますか!?」と本当によく聞かれる。

誘われたら、思いっきし楽しんでくれたほうが、

相手も本当に喜んでくれるってところ、

非常に感じる。

インド人「私さん行きましょう!」

私「いや・・・いいっす・・」

という会話・・・・・

めちゃくちゃインド人残念がる・・・笑

これからインドに来る人達・・・

騙されたと思って、バーで、

インド人の前でこの歌を口ずさんで、

そこで、繰り広げられている謎のダンスの輪の中に飛び込んでみてほしい。

その瞬間。

スターです。

-Indianlife

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.