wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Girlfriend Traveling

21回目:天安門

遂に、、、、

短かった中国人彼女とのぶらり北京旅日記も、、、今日で最終日を迎える。

。。。。。。

。。。

。。

否‼️

また、ブレるとこだった。

日々成長を続ける国際人としての考え方や、現地で見たものをまたここに記録する。

今日は、北京市内の観光名所の記録。

天安門(門の前で写真)、紫禁城(寺巡り)、王府井(飯)

となるのが通常の北京観光ツアー。

市内でバスに乗る。

首都北京といえど公共交通機関の運賃は日本より圧倒的に安い。

バスはどこ乗ってもRMB2.00(40円以内)

電車もそんなレベル。

一週間滞在して市内の移動だけであれば、バス地下鉄共通で使用出来るデポジットカードがあるので、そいつにRMB100(1600円ぐらい)をチャージして動けば事足りるであろう。

nanimonio.com

肝心の購入方法は、、、すまん。分からない。。。。

彼女が駅のチケット購買機でやってくれてた。。。

市内のバスは、10分間隔で来る印象。

f:id:Yusuke1008:20190818161927j:image

乗る

f:id:Yusuke1008:20190818161946j:image

中には従業員3人。

運転手、セキュリティ要員とお金管理要員。

我々1人の乗車運賃40円とかいう相場の中で、一台のバスに3人の従業員。

この人たちの給料っていくらなんだろう、とふと疑問に思う。

f:id:Yusuke1008:20190819001601j:image
f:id:Yusuke1008:20190818162040j:image

そして、見えてきた。

記念写真の聖地: 天安門

f:id:Yusuke1008:20190818162046j:image

よし!降りるぞーーーー!!

彼女「Ahhh sh●t!! Today, this bus doesn’t stop in front of the 天安門. It’s because of the fu●king crowded purple there .....」

僕「!, お? really? So... where we are gonna get off?」

彼女「nnnnn I don’t know 。。。。」

僕「マジで ❓」

f:id:Yusuke1008:20190819001724j:image
f:id:Yusuke1008:20190819001733j:image
f:id:Yusuke1008:20190819001800j:image
f:id:Yusuke1008:20190818162201j:image

。。。。。。。。。。

。。。

天安門

そして、通過。。。。

そして、下車

天安門から少し離れた南長街の中南海というところ。

ここは中国政府の総本山のようだ。

外から建物の中も写真撮影は控えた方がいい。

なので、写真は残ってない。

f:id:Yusuke1008:20190818162207j:image

僕「what’s gonna happen if I took a picture around here?」

彼女「Ahhhhh.  You are gonna be regarded as like you hadn’t been here,  hahaha.」

僕「Ohhhh horrible!!!!  Hahahaha」

彼女「that’s why, you don’t do it 〜〜」

‼️

彼女「ohhh. Hey!  See it!  They should be student solugers coming !!」

僕「ohhhh  looks coooool but a little bit scary」

‼️

彼女の携帯

”カシャ❗️“

僕「え‼️❓」

f:id:Yusuke1008:20190818162210j:image

。。。。。

。。

近くの屋台で腹ごしらえ

f:id:Yusuke1008:20190819001622j:image

。。。。。。

これはまずかった。

でも、腹痛は問題なし。

レトロバス乗って次へ

f:id:Yusuke1008:20190818162216j:image

RMB20(400円以内)

観光地だけど、他の乗客はバス代金高いから数人しか乗っていない。

観光地のローカル超混雑バスの車内は後程。。。。

向かう先は、景山公園。

f:id:Yusuke1008:20190818162219j:image

紫禁城裏着。

紫禁城:

www.huffingtonpost.jp

激混み。

f:id:Yusuke1008:20190819001616j:image

クッソ暑い中、景山公園に到着。

ここから眼前に広がる紫禁城(forbidden city)を楽しめる。

道中は、階段。

エレベーター無いのかよ!とボヤいたら、

彼女よりマジで言ってんの?と引かれる。

山頂到着。綺麗。

紫禁城(景山公園山頂から)

f:id:Yusuke1008:20190818162224j:image

景山公園入園料 RMB2.00(40円以内)

道中ミネラルウォーター購入RMB3.00(50円ぐらい)

普通はRMB1.00ほどのよう。RMB 3.00は、高くも安くも無い相場らしい。

この写真は、なんだか分からないけどとりあえず撮った。

f:id:Yusuke1008:20190818162313j:image

紫禁城からバスで王府井へ移動。

最強に混んでる。

中国全土から人が来るので、中国人彼女も何喋ってるのか分からない模様。

この移動はとてもエネルギー使った。

f:id:Yusuke1008:20190819001606j:image

王府井到着。

ちなみに、これでワンフージンと読む。

横浜中華街に有名な小籠包屋が同じ名前だけど語源はここの北京の観光地が語源。

tabelog.com

王府井

観光地のはずなのに、敢えてなのか、超古い佇まい。

この辺の土地の資産価値は数億円単位のはずなのに、、街自体は古めかしい様式。

わざと古風な街並みを残している感もある。

一本道が変わると、巨大なapple store、外資系ブランドショップが立ち並ぶ。

というのも、政府が昔土地を買い上げ、今は政府管轄下にある。

元々そこに住んでた人達は、政府から代わりの家と、巨額のお金もらって引っ越しをする。

その金額がぶっ飛んでて、その住民達は突如お金持ちになり、そのお金の一部はその家庭の子供へ投資。

僕の彼女は違うが、、、、そうやって突然お金持ちになった家系の子供たちともアメリカ留学の時に会ってきた。

だからといって、金で物を言わせる人とそうで無い人は色々いた。

結局その人物が大事。バックグラウンドから勝手に察してはならない。

真面目な話は置いておいて、

昼飯食いにとあるレストランへ。

しかし、、、ここもローカル感満載だな。。

店内は、流れてる音楽も数十年前の曲の模様。

一瞬、、、これは、、、飯がマズイのでは?と緊張が走る。

f:id:Yusuke1008:20190818162341j:image

ここの冷蔵棚からピックアップして、机にある鍋に全部ぶっ込む。

中国語で表記。

何が並んでるか分からない。。。

「猪」という文字は確実に僕の目に入った。

ダメだ、僕の好みを知ってる彼女に身を委ねよう。。。

f:id:Yusuke1008:20190818162401j:image

ここでソース作る。

f:id:Yusuke1008:20190818162406j:image

テーブルはこんな感じ。

f:id:Yusuke1008:20190818162411j:image

僕「hey,  it’s my first time to eat this kind of food in China」

彼女「yeah  Me as well,,,, I’ve never eaten in this restaurant....」

僕「I seee.....(終わった)」

海外レストランで、自分が身を委ねたはずの現地民の相手が、まさか本人もそのレストラン初体験。

というシーンでは、

自分はこういう思いをするのか。。。と体感。

というのも、今インド駐在前研修中で、

「お客様をアテンドするときに、少なくても事前に一回はその店に自分で行ってみろ。」

と、教えられている。

正にこの感覚だ。

彼女だからまだ気心知れていて2人でチャレンジという楽しみがあるが、

インドで今度は僕が現地でお客さんを受け入れる。

チャレンジって訳には行かない。。

勉強させてもらったよ。

結局飯自体は。。。

正直、ピックアップしたもので好み分かれると思う。

しかし、辛い鍋のスープと自前で作ったタレで食べるチャッポン麺みたいなのはめっちゃめちゃ美味かった。

これはお世辞なし。すごい好き。

あと野菜も美味い。

ベースの鍋のスープはかなり辛いから、

野菜や豆腐を浸しすぎるとソースを吸ってとてつもなく辛い野菜へ進化するので注意。

f:id:Yusuke1008:20190818162421j:image

僕が美味い美味い言って飯食ってたら、彼女も一言、、、

「 Yo katta...」

本人も気にしていたに違いない。

また、新しいもの食いにチャレンジしに行こう‼️

最後は、ピックアップした食材の串を計量してお会計。

f:id:Yusuke1008:20190818162427j:image

RMB175/2人

(3000円/2人ぐらい)

最後にこのマニアがとても喜ぶらしいハリーポッターぼLEGOブロック城の箱を組み立て空港へ。

f:id:Yusuke1008:20190819011110j:image

さて、、、、、羽田に8/19 00:40 着の便の中でこのブログを書いている。

最後飛行機の時間間違えて、一瞬乗り遅れるかと思ったけど、

無事、北京首都国際空港到着ゲートからフライトへ搭乗まで30分で済ますという暴挙の果てに搭乗成功。

便の確認は余裕を持って行わねば。。。

ブログを書いてみるという自分の中での一大チャレンジは、元々奥手の自分の性格を少し変えてくれた気もする。また、色々な記憶が残せるし、何かと、、、記憶に残そうと自分自身が意識して時間を楽しめた。

また続けよう。

8/19 00:40 羽田着後、08:30名古屋で仕事。その夜東京戻る。

というスケジュールになってしまうが、健康にだけは気を使いたいところ。

駐在先インドムンバイへの出発は、9/2。

間も無く、僕の人生の夢が叶う。

彼女よ。次はムンバイで合流だ!

これまたいいブログのネタが転がってそうだぜ。。。。

。。。。。。。

。。。。

否‼️

いい経験と新たな思考をここに残せそうだ‼️

-Girlfriend, Traveling

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.