wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Girlfriend Indianlife

119回目:リフレッシュ

だらけた土日

12 月は、釣りの大会から始まり、

本社との緊張の電話会議、忘年会のお呼ばれ、

そして、クレーム交渉出張、からの営業出張、そして、チーム結束飲み会と続き、

昨日の土曜日と本日日曜日はずっと寝てた。

インドでの駐在は、確かにかなり楽しい半面、

日本での仕事に比べ、プレッシャーと体力が非常にタフであることは十分感づいてきた。

如何せん、とある営業員が突然ボスになってインド人を部下にもつわけだから。。。

その反動は一気に疲労となって襲ってくる時がある。

明日月曜日、会社に行きたくない。

このまま、ずっと布団でYouTube見ていたい。

おすすめのYOUTUBER

YouTubeで、『だいにぐるーぷ』見てたい。。

そんな土日を過ごしていた。

ちなみに、このYOUTUBERむちゃくちゃ面白いから見てみることをすすめる。

出張が続き、彼女との連絡もあまり取れていなかったので、ずっとビデオチャットをつなぎ、

心の底からだらだらしていた。

彼女からのプッシュ

すると、彼女からこんな言葉が、、

彼女『あなた。。アメリカにいるときはすごい走ってたんだから、ジムとかいったら?。あの時の痩せてたあなたはどこいったの?』

私『え??いま、インドに来てからは、日本の時より健康だよ!!!』

彼女『NO! NO! アメリカにいたときは毎日走ってたじゃん!』

アメリカでの自分

そう。。。

実は、アメリカにいた4年前。

滞在していた10ヶ月の間に、

僕は、シンシナティ、サンフランシスコ、サンディエゴと、三本の42.195キロフルマラソンを走った。

理由はひとつ。

アメリカに行っている間に、体を絞って、アパレルの部署に心身共にリニューアルして、パワーアップして帰りたいというものだ。

そのきっかけとして、目指すものは高い方が良い、後はフルマラソンを走れば観光地を全部見れると思ったらからだ。。

その根底にあったのは、

パワーアップして、

見返してやりたいという思いだ。

僕はドラゴンボール、スラムダンク世代。

どこかに修行に行ったらパワーアップ。

精神と時の部屋に入ったら、スーパーサイヤ人を超えなきゃならない。安西先生と合宿したら斜め45度からのジャンプシュートを身につけて帰ってこなきゃならない。

この、『修行』に出たらパワーアップ。

同じ世代を生きた人ならわかる人ならわかる感覚であろう。。。。

(そう願う。。。)

という、思いでアメリカにいるときに、帰還するであろうアパレルの皆んなをビビらせようと、英語と運動に明け暮れた。

余談にはなるが。。。

社会人6年目で仕事もプライベートもガタガタに崩れ、

後輩からも「私さん大丈夫ですか?」と疑われた程、仕事でも危険な状態に陥り、プライベートでもかなり深手の傷を負っていた。

今上海にいる先輩や後輩たちから色々勉強した思い出、

また、

親友のOくんがわざわざ仙台から何も言わずに東京に遊びに来て僕の部屋を掃除しに来てくれたりしたのは忘れられない思い出だ。今でも彼には感謝をしている。

そんな中でアメリカ行きのチケットを手に入れた。

社会人生活7年目でやっと叶った、待ちに待った夢のアメリカ留学。

自分の人生をここで変えてやる。そう生きこんで行ったのがこの留学だ。

そしてアメリカから帰国

そして、体重を8キロ絞って帰国した。

10ヶ月のアメリカ修行中に、心身ともに完全体となり、

最高の状態のときに、アメリカで運命的に出会ったのが、その時ずっと同じクラスで勉強をしていた今の彼女だ。

『ジム行け!笑』

というのも無理はない。

そこからリバウンドし、8キロ元に戻ったのだから。。笑

プッシュが続く

日曜日。

朝10時

私『あと、一時間後いくよ!!』

そして寝る。

彼女『三時は?』

私『OK!!』

そして、寝る。。。

彼女『。。。。いついくの?』

夕方5時

。。。。

昼寝から起きてこのWECHATを見る。ちょっと、怒ってる。。。

ぐーたらしたい。。

でも、怒ってる。。

ジム行かなきゃ。。

そして、おもむろに着替える。

やっとジムに行く。

マンションの一階に備え付けてあるジムに行く。

走る。

久しぶりに。

辛い。

彼女『Ganbate—!! Ganbate—!!』

つらい。

でも、少しずつ。リフレッシュ。

高校時代は陸上の中長距離ランナーだったので、走ること自体はなんとかいける。

なんとか、フィニッシュ。30分。

。。。

。。

スッキリ。

すると気がつく。

ジムのプール

ここのジムにはプールがある。。。

そのまま、スイミングウェアに着替えることもなく。ダイブ!

飛び込む!!

泳ぐ!

誰もいないインドの夜で。

誰もいない。

夜8時。

なんだこのとんでもない心地よさは。。。

高層ビルのど真ん中での誰もいないプール。

気持ちいい。

最高だ!!

私『おい!!彼女!!ここは、すげーぞ!!マジでリフレッシュ!』

彼女『今度行ったら、連れてって〜〜!』

私『OK!!OK!!OK---!!!』

このジムは、夜9:30までやっている。

数時間前まで、明日会社にすら行きたくないと思っていたが、

200%パワーアップ。

かなり気持ちいい。

これは、平日でも、すぐ帰れば出来るリフレッシュポイントだ。

最高だ。

全てのストレスを消し去り、明日からまた元気に生きていけそう!

砕けそうになるほど背中を押してくれた彼女よ!明日も俺、仕事めちゃくちゃ頑張れそう!!!!

Thank you so much !!謝謝!!

-Girlfriend, Indianlife

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.