wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

Ideas

82回目:会議

今日も一つ勉強をした。

会議

今日はチームミーティングを行った。

レポートダラダラ読んでる時間は無駄。

俺を含め3人しかいないんだから、

ペンディング案件確認、問題解決、今やらないきゃいけないことを確認、、、

この3つに絞って集中して会議するぞ。

レポートは全部俺先に読んどくから、基本レポートは補助資料だ!

1時間でおわすぞ!!!!と意気込みを入れ、

会議の3日前に、会議で俺が質問する内容。。。として、議題をメールしておく。

「どうせ、俺はこれ聞くんだから、準備しておいて。」

そう言っておいて、3日の間にペンディング案件を動かす時間をあえて与える。

その努力の成果、本日の会議は。。。。。

結果。。。。。二時間の会議。。。。

私「おい!!!どーなってんだ!!笑 1時間どころか、2倍かかってんぞ!笑」

インド人「私さん。。後15分で、出ないといけないです。ランチしましょう。。」

私「。。。。。。やばい。飯買いに行く時間ねーじゃん!。ごめん。みんなのランチ少しくれ。。。。」

。。。。。。。。。

。。。。

。。

そして、外出から帰ってきて、更にフィードバクと次への作戦会議で2時間。。。。

その場で問題を発見、ペンディング案件を確認し、

その場で答えを出していったので、会議後、後からスタッフたちがちゃんとやってるかどうかチェック。。。という時間と、注意する気力をカットしているので、

結果的には

生産性のある会議になった気もする。

会議だけやって、後からやってるかチェック。。。ましてや、レポートの読み上げで終了する会議。。

これは本当に一体なんの時間なんだ。。。

と思う瞬間だ。

意外と日本人であればこう思っている人たちって、かなりいるのではないか。自分も何度もそう思った事がある。

発言しないなら会議にいる必要は無い。と、日本ではよく言われていたが、ここは違う。

ここインドにいて、インド人と会議をしていると、

逆に、自分の意見を言いたがる話したがりな国民性からかもしれないが、

喋りすぎて時間がかかる、、、ましてや、世代もみんな近いし少人数。

さらに、俺も言いたいことがあって口出ししたくなるという状況。さらに英語なので、いまなんて言った?と聞き返すことも多々。

ある意味活気があることはいいことなのだが、タイムスケジュールを誤ると、

会議だけやってその日終了となりかねない。ここが注意ポイントだ。

コミュニケーションの不足

今日は一点重要な事に気がついた。

アパレルの部署時代は、工場やお客とのやり取りはSNSなどで基本行われ、スピードが求められる世界だったので、今日やらないと明日には別な問題が発生。むしろ、今日やらないと明日には忘れる。という世界で生きてきた。

しかし、インドでアパレル以外の全般の仕事を扱うと、その産業ごとにリードタイムやペースが異なり、時には、時間がかかりすぎて、どこまでやったっけ?と前を見返さなければならないシーンが多々あったりする。

更に、インド側はやった気でいて、日本側との連携がうまくとれず、

お互いが待ち状態。

どっちも相手待ち。。。なんてことが起きていたりする。

そういうペンディング案件を掘り起こして、

どこで停止しているのか事実確認をして、時計の針を動かす。

これが自分がやらなければならない重要な役割だと実感した日だった。

「なんだよ!そこで止まってるのか!ならちょっと待てや!すぐ電話するわ。絶対自分で抱えるな。考えてわからんかったらすぐパスしろ!!握るな!」

そして、日本の協力も得て針を動かす。

このスピード感を彼らにも習得してほしい。

さらに、一生懸命やるだけではなくて、テンポよく段取りを立てて高速で動く楽しさを味わってほしい。もちろん、自分が完璧にできるわけではないが、それを彼らと一緒に楽しんでやれればと願う。

日々のスタッフとのコミュニケーションは欠かせない。

基本日本人の僕は下手に手を出さない。

やりたがりな正確と、自分らが手を出しすぎたら何も成長しないという考えのもと。

あと、俺一人では到底できない。抱えられない。

でも、何をやっているかは把握して、インド人たちが気持ちよく仕事をしやすいようにしていく、そして、歯車がくるかけたときに登場。

この感覚は、アパレル時代にお客と工場間のやり取りで自分が中間に立ってやっていたこととととても類似している。

この感覚はかなり似ている。

「何で止まってる?どうした?なんでやらんの?なんか問題でもあるの?」

「どれどれ?え?ここで止まってる?どうしたら次にすすめる?」

「わかった。じゃー俺がこっち動かしたら、自分はそれすぐできるな?いつまでやる?明日?わかった。信じるわ。俺もこっち絶対明日までやるわ。」

この感じ。

これからも、自分なりにガンガンスタッフを動かして、

やらされてる感ではなく、なんかどうしてもやっちゃう感覚をつけるためにモチベーションを上げさせて、

彼ら彼女らを洗脳させていこうと思う。

明日は休み。

どっか行こうかな。

-Ideas

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.