wasureru maeni nokosumemo

備忘録

Indianlife

816回目:妻に会う⑥〜まさかの中国で陽性?〜

2022年9月6日の備忘録

事件が勃発

昨日、「中国の隔離怖い」とブログを書き終えた10秒後、突然電話が鳴った。電話をとって話をしている妻の表情は曇り、頭を抱えながら話をしている。5分ほどか、会話が終わった後に、一体どうしたんだと聞いてみた。

妻「私(要は俺自身のこと)。。コロナ陽性だって。。」

私「嘘でしょ?!俺が陽性?!」

妻「うん。。」

これは、昨夜9/5深夜10時をまわった時の出来事だった。

冷静なれない

妻「今すぐ、私(妻)は、ここから出て別な部屋に行かなきゃならない。そして、私(俺)の検体は、もう一度チェックが入るみたい。そして、あらためて、正式に陽性が確定したら、私(俺)は別な病院へと移動させられるらしい。私(妻)も多分どこかに移動になる。。」

私「マジかよ?てか、なんで?今更陽性?これでPCR検査8回目だよ」

妻「分からない。もしかして、最近鼻うがいとかしてなかった?」

私「してない。。しかも、今日朝起きて、うがいもせずにすぐPCR検査を受けてしまった。。」

妻「多分、少しウイルスの菌が残ってて、それの洗浄が出来てなかったのかな。。」

妻は涙目になりながら、突如、不安になり、荷物を片付け始める。そんな中、中国語も話せない私(俺)はどうすることも出来ず、妻が去っていくのを見送ることしかできなかった。

妻「せっかくだから、写真撮って」

と、声を震えながらおちゃらけるのが、逆に泣けてきた。そらそーだ。3年ぶりに会えて、限られた時間の中で、1日でも一緒にいたいはず。そんなのと裏腹に、少しでも明るく振る舞う姿に逆に、陽性を出した私は申し訳なく思った。

妻が出て行った後、ものすごい勢いで、廊下が消毒されている音が聞こえてきた。

とりあえず寝ることに

むちゃくちゃ不安になり、中国に精通する先輩にコンタクト。しかし、日本人で隔離中に、陽性判定が出た人なんて聞いたことないらしい。「一番なっちゃダメな国で、一番なっちゃいけないところ」で、俺はなった。。

しかも、俺のせいで陽性を出した結果、このホテルに泊まっている殆どが濃厚接触者と判定され、全員隔離が伸びるなんて話も聞く。

私「先輩、私後ろから刺されません?」

先輩「それは大丈夫だろ。名前はバレないけど、日本人男性〇〇歳広州で陽性判定ってみんな分かるよ笑。ほんと、そういうの持ってるよね笑」

私「先輩。PCRはポジティブ(陽性)ですけど、、メンタルめちゃくちゃネガティブです」

ひとまず目をつぶって、明日、正式的に出る結果が「陰性」である事を願うのみ。今日はゆっくり寝るとしよう。。と言いたいが、寝れるわけもない。

深夜また起床

朝4時半ぐらいだろうか。

ふと起きる。

すると、妻からメッセージが来ていた。

妻「陰性だって!」

私「やった!」

妻「明日もPCRがある。少しでも寝よう」

勝った。

勝負に勝った。

朝8時に目が覚める

私は朝、今度は、ちゃんと早く起きて、万全を期してPCRに臨む。

  • 歯磨き
  • うがい
  • 鼻うがい
  • 大量の水を飲みまくる

これを全部やり、1ヶ月前にかかったウイルスの残を流し落とした。そして迎えたPCR。結果は夕方に出たが、無事「陰性」となった。これで一安心。もちらん、身の潔白が晴れた後、妻はすぐ私と同じ部屋に戻ってこれた。

明日がホテル隔離最終日

明日がホテル隔離最終日。その後、自宅隔離3日間が待ち受ける。ただ、自宅隔離はそれ程エグいものにはならないだろう。妻のお母さんも一緒だし、多分気は楽だ。

妻「明日は部屋の中の触ったものを、全てアルコールで消毒するからね。人間だけじゃなく、触ったものも検査するみたいだから」

私「分かった。早く起きるね」

妻「あとさ。明日の夜、解放された後に、もしかしたら、二人で防護服着て、救急車で自宅まで搬送されるかも。」

私「何が明日起こるの?笑」

-Indianlife

Copyright© 備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.