wasureru maeni nokosumemo

MEMORANDUM

India

360回目:インドの自然環境が劇的改善している件

こちら1/30の大気汚染レベル

こちら本日4/23の大気汚染レベル

ロックダウンでインドの自然環境が劇的改善 スモッグ消滅

新型コロナウイルスの感染拡大で3月25日からロックダウン(都市封鎖)を実施しているインド国内の各都市で、自然環境が劇的に改善している。

 インドには人口の多い世界10都市のうち6都市が集中しているが、人口2000万人以上を抱えるニューデリーではスモッグが消滅。AP通信の取材に答えたクナル・チョプラさんは「私は慢性気管支炎で吸入器を手放せなかったのに、フレッシュな空気になって症状がなくなった」とコメント。インドでは毎年、200万人以上が大気汚染が原因とみられる呼吸器系の疾患で死亡しているが、環境当局によれば微粒子状物質の「PM2・5」が22%、化石燃料の燃焼によって発生する二酸化窒素の濃度は15%ダウンした。

 工場からの排水がなくなり、人の流れが途絶えたことで「聖なる川」とされているガンジス川の水質も改善。晴れた日には、はるか彼方にあるヒマラヤ山脈も見渡せるようになった。

 ただしロックダウンは5月3日に解除される予定。

-India
-,

Copyright© MEMORANDUM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.